• LINEで送る
カテゴリー

生徒24名で月収26万!プログラミングと将棋を学べる現代の寺子屋

みなさんこんにちは、子ども向けプログラミング教室“Tech for elementary(以下、TFE)”本部の澤部アイコです。

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションのもと、映像授業をベースとしたプログラミング教室を全国展開し、のべ400以上の教室・6000人以上の子供たちにご参加頂いています。

今回はその教室のひとつ、ことり塾の佐藤さんにインタビューさせて頂きました!

澤部

どのような教室を運営されていますか?(自己紹介をお願いします)

佐藤さん

福島県伊達市でことり塾を運営している佐藤佳一郎と申します。2019年1月に教室を開講しました。プログラミング教室のほか将棋教室も行っています。

澤部

本業とプログラミング教室との関係、割合を教えてください(本業=私生活でも可)

佐藤さん

プログラミング教室と将棋教室どちらも本業で収入は同じくらいです。
そのほか副業として福島テレビカルチャーセンターなどで将棋の出張指導も行っています。

プログラミング教室は月・火・水・金、将棋教室は木・土・日です。
プログラミング教室が終わったあとに将棋のプライベートレッスンを行うこともあり、
夏休みや冬休みは午前中から夜までレッスンという日もあります。

また、地域活動として町内の若連に加入させていただき地元の伝統行事(お祭り)のお手伝いをしています。ご近所の皆様にもよくしてもらっています。

澤部

なぜプログラミング教室を開講しようと思ったのですか?

佐藤さん

私は将棋プロ棋士の養成機関「奨励会」に12歳~26歳まで在籍していました。最終関門の三段リーグまで進みましたが、当時棋士になるには渡辺明さん(現名人)らに直接対決で勝たなければならず本当に厳しかったです。その後、プロ棋士の夢を諦めセカンドキャリアとして税理士事務所に勤めました。そして、これまでやってきたことを生かしながら地元で地域貢献をして生きていきたいと考えるようになり、プログラミングと将棋が同じ教室で学べるのは全国でも稀で自分のスキルも生かせることから教室を開講したいと思いました。

しかし、自分に教室運営が本当にできるのか不安になり直前で迷ってしまいました。そのとき尾市代表に厳しい言葉をいただいて、これまで「対戦相手が稀代の天才だから」や「奨励会出身で社会経験が少ないから」など自分の中に甘えがあることに気づくことができました。そのきっかけのおかげで覚悟ができ、自分でできることは全て自分でやることで開業費を抑え問題を一つずつクリアしていきました。

 

澤部
プログラミング教室の運営状況は?
佐藤さん

開講コースはスクラッチ・Ruby・アプリ開発・Excel・テクノロジア魔法学校です。
現在、プログラミング教室13名、将棋教室11名で中学生になっても続けてくれている子が多いです。
教室の月の売り上げは、プログラミングが約90,000円、将棋は約80,000円~150,000円ぐらいです。

澤部
プログラミング教室の今後の展望は?
佐藤さん

プログラミング教室20名、将棋教室15名が目標です。
中・上級者向けにテクノロジア魔法学校コースを開講していますが
今後、UnityやPythonなども受講できるようにしたいと思っています。

 

澤部

プログラミング教室(の講師)のやりがいは?

佐藤さん

開講したとき(2019年)は親御様が「プログラミング?何をするの?」という感じだったので集客に苦労しました。最近は体験レッスンの反応から親御様のプログラミング教育の認知度がかなり進んできていると感じます。また、開講当時から通ってくれた中学生の子が先日「ことり塾、最高です。分かりやすく教えてくれるから入ってよかったです」と言ってくれたことがとても嬉しかったです。「こどもたちとコミュニケーションを取りながら丁寧に分かりやすく教えること」初心を忘れずに続けていきたいと思います。

 

澤部

Tech for elementaryに加盟して良かったこと、今後期待したいことは?

佐藤さん

別のあるFCはパソコン教室以外やってはいけないということだったのですが、Tech for elementaryさんは将棋教室を主宰しながらプログラミング教室を行っても大丈夫で、個性を生かしてくれる自分に最適のFCでした。加盟させていただき本当に感謝しております。
マニュアルもしっかりしていて不安なく開講することができました。

また、将棋教室に通ってくれている子が入会してから数か月後に「プログラミングも習いたい」ということになり、プログラミングと将棋の両方を受講されている生徒様も複数名いらっしゃいます。自分の得意なことと組み合わせることでプログラミング教室と相乗効果が生まれると思います。

澤部

プログラミング教室の開講を検討している人にメッセージを!

佐藤さん

開業費は工夫次第で抑えることができると思います。私の場合、最初は最低限の備品を用意して徐々に増やしていきました。毎月、少しずつ備品が充実していくと楽しいです。私の経験が少しでも参考になれば幸いです。

月2回で6万円以上の収入が得られるプログラミング教室を開きませんか?

昇給も難しく、年金の減額や支給時期も遅れ、人生100年時代と言われている現在、本業だけではなく副(複)業で、収入(源)を増やし、安心と希望を持って生きたいものです。3年でのべ300教室以上開講しているTech for elementaryは以下の特徴があります。

1.主婦でも退職者でも副業の方でも誰でもできる(映像授業を活用して教え、サポートするのみ)
2.時間に追われず、特定の曜日・時間帯で効率的に行える(開講日時を決められ、かつ短時間)
3.教材ボリュームが多く、継続的な収益を見込みやすい(様々な要望に応え、長く通ってもらえる)
4.地域とのつながり、子供たちの触れ合いでやりがいを持てる(自身の子供にも教えられる)

資料請求すると詳しい内容や実際に使用する教材などを見ることができます。オンライン説明会も行っているのでお気軽にお問い合わせください!


資料請求

関連記事

ページ先頭へ