• LINEで送る
カテゴリー

「はじめてのGoogle Sheets」講座体験記

こんにちは。こどもプログラミング教室ひなたぼっこの大村みどりです。

子ども向けプログラミング教室“Tech for elementary(以下、TFE)”では、プログラミング以外にも様々なコースが用意されています。

そのなかのひとつ、2021年9月にリリースされた「はじめてのGoogle Sheets」講座を体験しましたのでレポートします。

Google Sheetsは、Googleアカウントとインターネットさえあれば、だれでも無料で利用できる表計算ソフトです。GIGAスクール構想で小学校に配布されているタブレットの44%に標準装備されていると言われています。(参考:https://edtechzine.jp/article/detail/6224


今後、ますます利用者が増えていくであろう、オンラインソフトウェア「Google Sheets」。
ぜひとも、小学生のうちに使いこなせるようになりたいですね。

「はじめてのGoogle Sheets」講座は、全部で7章。

第1章:おこづかい帳
第2章:パソコンクラブ成績表
第3章:子供映画会
第4章:スクラッチ検定試験の結果表
第5章:グラフの作成
第6章:体調管理シート
第7章:パソコンクイズ

おこづかい帳や成績表など、小学生になじみやすい題材を使って、Google Sheetsを基本から学ぶことができます。

それぞれの章で、これから何を学び、どんなものを作成するのか、はじめに完成例が紹介されます。
必要な操作は、動画でひとつひとつ丁寧に解説されているので、文字入力とマウス操作ができるお子さんであれば、どんどん作品が完成することでしょう。
各章ごとに「やってみよう問題」が用意されていますので、復習もバッチリです。

動画教材ですので、わかりにくいところは何度でも巻き戻して再生できますし、再生スピードを変更することで、操作が速い子でもゆっくりの子でも自分のペースで学習することができますよ。

第1章:おこづかい帳

まずはじめに、Google Sheetの概要について解説されています。
Google Sheetとは何か? どのようにして利用開始するのか? クラウドサービスについて グーグルドライブについて知ることができます。

そして次に、1章の課題である「おこづかい帳」の作成です。
ここでは、文字の入力、数字入力についての注意点、列幅の調整、枠線、計算式(足し算引き算)、オートフィル、桁区切り、SUM関数、通貨表示、行の挿入、セルの結合、配置、塗りつぶし、シートの操作、複数セルの選択、画像の挿入、印刷設定など、おこづかい帳を作成しながら、スプレッドシートの基本的な操作についてたくさんのことを学ぶことができます。

「やってみよう問題」では、歩数記録表を作ります。まずは、自力でどこまでできるか試してみて、わからないところは解説を見ながら進めてみてくださいね。

第2章:パソコンクラブ成績表

2章では、パソコンクラブ成績表をつくりながら、関数について学びます。

SUM関数、AVERAGE関数、MAX関数、MIN関数、COUNT関数と、5つの代表的な関数を使って成績表を完成させましょう。
関数を使うと、難しい計算も素早く簡単にできるようになるので便利ですよ。
1章で学んだ基本操作も繰り返しでてきますので、おさらいしながら知識を定着させていくことができます。
「やってみよう問題」は降雨量の表です。代表的な関数の復習ができたら印刷も試してみましょう。

第3章:子供映画会

3章では、映画会参加人数と売上の表を作りながら、絶対参照について学びましょう。

実は、今までに習ったオートフィル機能を使うと、正しく計算できない場合があるのです。
そんなときに知っておきたいのが絶対参照。すこしむずかしく感じるかもしれませんが、動画をみながらゆっくりじっくり取り組んでくださいね。
「やってみよう問題」では、パソコンクラブの学年別人数の表を作ります。
割合について理解していないと難しい課題ですが、まだ学校で習っていない人にもできるよう、計算方法についても解説してくれているので安心です。

第4章:スクラッチ検定試験の結果表

4章では、試験の結果表をつくりながらIF関数について学びます。

「もし〇〇ならば〇〇する」というIF関数を、小学生でもわかりやすい言葉を使って解説しています。
試験の合否判定が自動でできるのを目の当たりにすると、その便利さを実感できることでしょう。
また、Google Sheetの基本的な操作は、前章までにも繰り返しおさらいしてきているので、「やってみよう問題」の50m走予選結果をつくる頃には、ずいぶんスラスラとできるようになっているのではないでしょうか。

第5章:グラフの作成

5章では、血液型の分布割合を示す円グラフを作ります。

Google Sheetでは、棒グラフや円グラフを簡単につくることができますので、ぜひマスターしましょう。
もし、紙を使ってグラフを作るとしたら、どんな手順が必要か・・・ということも考えながら、グラフの作成について学びます。
「やってみよう問題」では、マラソン大会開催について賛成か反対かのアンケート結果を円グラフで作成します。このような資料を作るときには、棒グラフや円グラフがあると説得力がグッとあがりますので、ぜひ活用してくださいね。

第6章:体調管理シート

6章は、アンケートの作成やイベントの申込みなどを簡単につくることができるグーグルフォームについて学びます。

クラスメイトの毎日の体調について、アンケート形式で情報を集める「体調管理シート」を作成しながら、フォームの作成や、テーマのカスタマイズ、回答の集計、スプレッドシートへの変換について実践していきましょう。
アンケートフォームが完成したら、フォームを友だちへ送信して、実際に答えを入力してもらうと、より楽しめますよ。

第7章:パソコンクイズ

7章は、グーグルフォームの応用編です。

学校のパソコンクラブで配布する想定で、パソコンクイズを作ってみましょう。
作ったクイズは、お友達に回答してもらい、点数を発表したり、回答結果をグラフ化することも簡単にできますよ。
グーグルフォームを使って、お友達同士でアンケートや投票をしてみたり、クイズやテストをつくってみたり・・・どんな活用ができるのか、考えるだけでワクワクしてきますね!

 

「はじめてのGoogle Sheets」を終えると、基本的なGoogle Sheetsでの操作ができるようになり、また表やグラフ、フォームなど、たくさんの作品をつくることができるようになります。
これからますます加速されていくであろう、オンライン化・自動化により、子ども達の学び方、将来の働き方もどんどんかわっていくことでしょう。
そんな今だからこそ、オンラインソフトウェアの入門として、Google Sheetsは一考の価値ありです。

 

月2回で6万円以上の収入が得られるプログラミング教室を開きませんか?

昇給も難しく、年金の減額や支給時期も遅れ、人生100年時代と言われている現在、本業だけではなく副(複)業で、収入(源)を増やし、安心と希望を持って生きたいものです。3年でのべ300教室以上開講しているTech for elementaryは以下の特徴があります。

1.主婦でも退職者でも副業の方でも誰でもできる(映像授業を活用して教え、サポートするのみ)
2.時間に追われず、特定の曜日・時間帯で効率的に行える(開講日時を決められ、かつ短時間)
3.教材ボリュームが多く、継続的な収益を見込みやすい(様々な要望に応え、長く通ってもらえる)
4.地域とのつながり、子供たちの触れ合いでやりがいを持てる(自身の子供にも教えられる)

資料請求すると詳しい内容や実際に使用する教材などを見ることができます。オンライン説明会も行っているのでお気軽にお問い合わせください!


資料請求

関連記事

ページ先頭へ