• LINEで送る
カテゴリー

2020年プログラミング教育必修化!小学校の授業はどう変わる?

みなさんこんにちは!子ども向けプログラミング教室Tech for elementary(以下、TFE)本部の澤部アイコです。

 

TFEの加盟教室は地域のイベントなど、オープンな場所でプログラミング教室をひらくことがあり、私もそこでママたちといろいろなお話をさせてもらっています。ここ数年、プログラミングは“子どもにさせたい習いごと”の上位にランクインしていて、ママたちの関心も高くてうれしいかぎり。

 

ただ、「2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることを知っていますか?」という質問には、「?」という反応が少なくないのが現状。せっかくすばらしいことが始まろうとしているのに、もったいないな、と感じています。

 

そこで今回は、小学校で始まるプログラミング教育はどのようなものか、準備が進む学校の現状はどうなっているのかをお話ししますね。

 

 

プログラミング教育が始まると、どんなことが身につくの?

 

 

2017年3月、IT分野における人材育成と次世代を担う子どもたちの能力育成のため、小学校にプログラミング教育が導入されることが発表されました。2020年から実施される新学習指導要領(各教科、それぞれの単元で子どもたちに何をどう教えるか、先生向けにまとめられたもの)では、全ての児童が必ず学ぶことが定められます。

 

これによって授業には、“プログラミング的思考”を育む学習方法が取り入れられ、「従来のやり方では伸ばすことがむずかしい」と考えられていた力を成長させることが期待されています。(参照:「子どもたちの能力を伸ばす」プログラミング教育って何?

 

「プログラミング」という教科が新しくできるのではなく、すでにある教科に取り入れられることも決まっています。

 

具体的な例としては、3年生で学ぶ“かけ算のひっ算(3×2けたなど)”では、「どの部分の計算を、どの順序でするのか」を考えながら、解答を見つけることを目指します。

 

最終的な目標(こたえ)にたどり着くためには、どういった作業があり、どの順序で進めるとまちがいを減らして正解を得られるのか、といったことを子どもたち自身が考えていきます。

 

こういった「物事を整理して考える力」すなわち“論理的思考”を、算数だけでなく国語・理科・社会、音楽や外国語、学級活動などでも伸ばしていく、というのが2020年にはじまる小学校でのプログラミング教育です。

 

そしてその考え方をベースにして、ゆくゆくはコンピューターを使って現実的なモノを生み出すことや、自分やまわりの人をとりまく環境を向上させる力を、より多くの子どもに習得させるのが狙いです。

 

 

英語・道徳・プログラミング、学校はすべてを準備できるの?

 

 

ちょっと強引な言い方にはなりますが、プログラミング教育は「未来を生きやすくする力」を身につけるための教育。子どもたちにすばらしい機会が与えられると喜ぶべきことです。それなのになぜ、プログラミング教育はなかなか浸透しないのでしょうか。

 

2020年という言葉から、みなさんは何をイメージしますか?

 

まず東京オリンピック。教育に関心の高い方なら、英語が必修化されることを心配されているでしょう。

 

実際教育現場では、英語の必修化にくわえて道徳が教科化されることで手いっぱい、というのが現状のようです。オリンピックに連動してスポーツ振興も強化されると聞きます。登場したばかりで専門家もほとんどいないプログラミング教育は、考えることすら後回しになっているケースも少なくありません。

 

パソコンなどの設備や環境が十分でない学校も多く、全ての生徒に等しい学習環境が整っていないことも気がかりです。「企画倒れに終わるのではないか」といった心配は発表当初からありました。

 

ただ、文部科学省もそんな状態を放置していたわけではありません。

 

周知徹底の期間とされた2017年がおわり、新要領への移行期間である2018年、本格的な開始を前にして「現在の環境にたりないものはなにか、自分は今どのような立場にいるのか」と先生たちが判断するためのめやすとなる「小学校段階のプログラミングに関する学習活動の分類」が発表されました。

ここでは、プログラミング教育の環境が6つに分類されていますが、子どもたちが授業でかかわるのは
①学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの
②学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの
③各学校の裁量により実施するもの
④クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内で実施するもの
の4つです。

 

実験校やプログラミングに関心の高い先生が在籍する学校では、2020年を待たずにプログラミング教育が開始され、子どもたちの成長が感じられているとの報告もあります。

 

一方で先生たちの認識や学校ごとの取り組みでは、大きな差が埋められないままでいます。

 

 

現場の先生はプログラミング教育をどうとらえているのか

 

 

2017年に総務省が開催した“プログラミング教育の推進発表会“に参加したTFEの加盟者からは、「現場の先生たちが困惑していたのが印象的だった」と聞きました。「英語だけでも大変なのに、その上にプログラミング教育なんてとてもじゃないけど無理だ」という意見が多かったとか。

 

そこで私も現役の小学校の先生が、プログラミング教育をどのようにとらえているか聞いてみました。お話を聞いたのは30代後半男性教諭(A1)と40代前半女性教諭(A2)。どちらも担任を持ち、日々生徒たちと直接向きあう先生です。

 

Q:2020年に導入されるプログラミング教育の準備はしていますか?
A1:プログラミング教育…?何をすることですか?
A2:パソコンの授業ってこと?

 

Q:(予想外の回答に焦ります)ちがいます、ちがいます!各教科に、プログラミング的な考え方を導入して子どもたちの能力を伸ばす取り組みです。
A2:聞いたことあるかも。でも今以上に何かやれって言われても。パソコンを使って教えるならなおさら、1人じゃ無理です。教員の人数やパソコンの数が変わりそうな気配はないですよ。

 

暗雲がたちこめました。プログラミング教育は大丈夫なのでしょうか。

 

Q:学習指導要領でも、単元ごとの学習方法にプログラミング的な手法が取り入れられるようなんです。
A1:あーそれならやってるかも。学習指導要領は大幅な改訂だけじゃなく、少しずつ変更されるので、教科の教え方が変わってきたとは感じています。

 

Q:どんなふうに変わってきているのでしょうか?
A1:たとえば国語なら、これまで物語を章や段落ごとにわけて理解を進めていたのが、まず全体を把握して、その物語から自分は何を学んだのか、どこからそう感じるようになったのか、ということを順序立ててみんなの前で説明するまでを単元の目標とするようになった、という感じです。

 

Q:これまでより子どもの理解度が深まったと感じていますか?
A2:底上げされた実感はありますね。これまではよく理解できなかった子が、自分独自の「理解する方法」を見つけられているんじゃないかと思います。

 

Q:より高い能力を身につけられたかという点ではどうですか?
A1・2:もとになる素材に変化がないので、そこまで大きな成長は感じません。パソコンを使って表現の幅が広がれば、他の教科では出せない能力が発揮できる子や、能力の高い子がより成長できることはあるんじゃないかと思います。

 

先生ありがとうございました!

 

 

学校や子どもたちにとって必要なことは何か

 

 

先生たちからのお話で、これまでの「現場がとまどっている」イメージが少し変わりました。教えるプロである先生たちは、“プログラミング教育”とかまえることなく、「子どもたちがより理解しやすい方法で教える」と、自然な形で今回の変化を受け入れています。

 

コンピューターを使わない“アンプラグド”と呼ばれるプログラミング教育については、「現場がついていけていない」という報告よりずっと、安定した地盤があるように感じます。

 

ただ、学習指導要領ではプログラミング教育全体において児童がコンピューターを使わない環境は望ましくないとされており、完全に課題が解決されたわけではありません。

 

TFE加盟者のなかには、学校独自の取り組みとして教員研修で講師をしてほしいと依頼されるケースもあり、そのための準備も少しずつ整えています。パソコン教室で学ぶシニアが、ITサポーターとしてこの分野に参加できればと考えている先生もいます。

 

小学校での本格スタートには、まだ少し時間があります。学校の準備が不十分だと非難するだけではなく、地域全体で子どもたちの学びをサポートできるのが理想ですね。

 

TFEも一翼を担うべく、たくさんのサービスやサポート制度を整えています!

 

 

Text by 黒田 靜

 

 

関連記事

ページ先頭へ