• LINEで送る
カテゴリー

「子どもたちの能力を伸ばす」プログラミング教育って何?

 

こんにちは、子ども向けプログラミング教室「Tech for elementary(以下TFE)」本部の澤部アイコです!

 

ここプロママでは、「子どもが自分の力で未来を切りひらいていけるように」と願うママとご家族、そして子育てをサポートするすべての人たちのために、子どもたちが身につけるべき力とその伸ばし方についてお伝えしていきます。

 

そばにいる大人が、「知っているだけで広がる可能性」があります。子どもたちと、私たちと一緒に考えていきましょう!

 

プログラミング教育の目的とは

 

 

2016年4月、これからさらに激化する世界との競争における戦略として、2020年を目標に小学校でプログラミング教育が必修化されることが決まりました。

 

その当時、多くの人が「プログラミング」という言葉でイメージしたのは、パソコンの画面にうつしだされる難解な文字列と向き合う職業像。「なぜそんな限られた職業にしか使えない技術を、国をあげて全国の小学生に学ばせる必要があるのか」という反応が大半でした。

 

しかしここで提案された「プログラミング教育」とは、プログラマーやシステムエンジニアから想像される技術を直接的に身につけることとは少しちがっていました。「子どもたち全員が身につける必要がある」とされたのは、コンピューターを動かすためのプログラムを書く能力ではなく、プログラミングを学ぶ過程で得られる能力。

 

発表後に放送されたテレビ番組や、その後増えてきたプログラミング関連の習いごとやイベントを通じて、今ではたくさんの人が「プログラミング教育」という言葉を知るようになりました。けれど一方で多くの人はまだ、「プログラミング教育が子どもの能力を伸ばすらしい」という漠然としたイメージしか持っていません。

 

国やいち早く日本の未来を予見する人たちは、子どもたちがプログラミングを学ぶことで、どのような生き方ができるようになると考えているのでしょうか。

 

では次に、プログラミングが注目されることになった背景と、プログラミングを学ぶことによって身につけられる能力についてお話しします。

 

 

なぜプログラミング教育が注目されるようになったのか

 

 

プログラミング教育が注目されるようになった理由は2つあります。

 

ひとつは急速にIT化が進む産業界やその他の分野において、IT技術を持つ人材が世界でも、日本国内でも不足するようになったこと。

 

今後AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など、生活の場にもITが欠かせなくなる未来が予測されるにつれ、問題はかなり深刻であることもわかってきました。これまでの日本の教育が、ITスキルを持つ人材を育成するだけでなく、すべての人が今後自分の生活に必要なITを使いこなせるようになるために十分でないということも明らかになってきたからです。

 

もうひとつは、「複雑で激しく変化する社会を生きぬく力を身につけるために、“21世紀型能力”を学校教育で育成するべきだ」という提案があったことです。これは教育に関する研究や調査を行う文科省の関係機関である「国立教育政策研究所」が、2013年に発表しました。

 

“21世紀型能力”とは、21世紀を生き抜く力として、以下3つの力で構成される能力を指します。

 

①基礎力
従来の「読み・書き・計算」に準ずる能力で、言語・数・情報を目的に応じて使いこなす力

 

②思考力
基礎力をもとに問題を解決する力、あるいは新しいアイデアを生み出す力

 

③実践力
思考力を使って導き出した結論をもとに計画を立て、他者とコミュニケーションをとりながら実際の問題解決に取り組む力

 

この3つのなかでも、特にこれまでの日本の教育では十分に伸ばせていないと考えられたのが、思考力と実践力でした。そしてIT教育と21世紀型能力を効率的に、かつ子どもがやりがいを感じられる方法で解決できる手段として、プログラミング教育が注目されはじめたのです。

 

 

未来がずっと生きやすくなる?「21世紀能力」とはどんな能力なのか

 

 

これまで、思考力と実践力を伸ばす必要があるという意見は、2018年の現在ほど具体的な目的を持たない主張でした。けれど国際社会においてIT分野での日本の未熟さが明らかになるにつれ、対策はいよいよ待ったなしとなった結果、テーマはより細分化され、「どうすればその能力を伸ばすことができるか」が個々に検討されるようになりました。

 

“21世紀型能力”は細かく分けると、以下のようになります。

 

【思考力】

 

・問題を発見し、解決するための方法を見つける、あるいは創り出す力
→問題解決能力・創造力

 

・問題解決のために試行錯誤をくり返す過程で、論理的あるいは批判的に考える能力
→論理的思考力

 

・自分の知覚、記憶、学習、言語、思考などを客観的にとらえ、問題に適応する力
→メタ認知・適応的学習力

 

【実践力】

 

・他人とコミュニケーションをとって協力する力
→人間関係形成力

 

・自らが地域や社会の一員と自覚し、責任を持って物事に取り組む力
→自律的活動力・社会参画力

 

皆さんのなかにも、「プログラミングを学べば、問題解決能力・論理的思考力・創造力を伸ばすことができる」と聞いたことがある方がいらっしゃるでしょう。

 

ここでの「問題解決能力」とは、与えられた問題を教えられた方法で解いていく従来の能力ではなく、たとえば「短い時間でテストの点数を上げるには」といった大きなテーマに対し、「休み時間にできる一問一答形式のゲームを作る」といった個々の解決策を見つけ、それを実行する自分なりの方法を考える力を言います。

 

「論理的思考力」とは、問題を解決するための過程で、物事を整理して考える力を言います。授業のあと、疲れた状態でも興味を持てるのはどんなゲームなのか。休み時間の長さに合わせ、対戦型にして友だちと一緒にプレイすることで意欲をかきたてるなど、問題とそれについての対応策をさまざまなシーンを自ら想定し、検討する力です。

 

「創造力」とは、問題を解決するために必要な方法や道具をつくり出す力です。1ゲーム10問、時間を測ることで友だちと順位を競うといったルールと機能を備えたゲームを作る作業がこれにあたります。

 

プログラミング教育では、身近で簡単なテーマからこれらの力をくり返し使うことをトレーニングし、成長に合わせてより大きな社会的テーマに柔軟に取り組める能力を身につけることを目的としています。その能力があれば、子どもたちは世の中の急速な変化に対応し、それぞれが自分に適した働き方や生き方を見つけることができると考えられているのです。

 

 

プログラミング教育を取りまく環境と課題

 

 

2020年に始まるプログラミング教育では、国語や算数、その他の既存の教科にプログラミングの手法が積極的に導入されていきます。英語のようにプログラミングという教科がひとつ増えると誤解されている方もいらっしゃるのですが、そうではありません。

 

ただ現場ではプログラミング教育に対する知識や経験がまだ十分に行き渡っておらず、すべての学校で等しく充実した教育を行う準備が整っていません。また、プログラミングを深めるために不可欠となっていくパソコンなどの設備も、すべての小学校に完備されているわけではありません。

 

学校や教育者による情報量や手法、設備の差を懸念する声も多く、プログラミング教育が広く深く浸透するにはまだ時間がかかると考えられています。

 

一方、民間のプログラミング教室では、学校が抱えるこれらの問題をサポートするべく、さまざまな取り組みが行われています。

 

定期的なレッスンの開講やイベント、出張講義などを通じて学校だけではカバーしきれないプログラミングの楽しさ、おもしろさを子どもたちに伝えようと、活動の輪が広がっています。

 

TFEの加盟教室の先生にも、「学校のプログラミング教育でもっと学びたいと感じた子や、この分野が得意だと気がついた子をより強力にサポートできる体制を整えたい」と話す人が多く、民間のバックアップをうまく活用できれば、戸惑いの多いプログラミング教育も願った形で子どもたちに浸透していくでしょう。

 

プロママでも、プログラミングを活用して子どもをのびのび成長させたいと願うママたちのために、これからも有意義な情報を発信していきます。

 

「今さら知らなかったなんて言えない」そう感じたときは、ぜひこのサイトに来てくださいね!

 

 

 

 

Text by: 黒田 靜

 

 

月2回で6万円以上の収入が得られるプログラミング教室を開きませんか?

昇給も難しく、年金の減額や支給時期も遅れ、人生100年時代と言われている現在、本業だけではなく副(複)業で、収入(源)を増やし、安心と希望を持って生きたいものです。3年でのべ300教室以上開講しているTech for elementaryは以下の特徴があります。

1.主婦でも退職者でも副業の方でも誰でもできる(映像授業を活用して教え、サポートするのみ)
2.時間に追われず、特定の曜日・時間帯で効率的に行える(開講日時を決められ、かつ短時間)
3.教材ボリュームが多く、継続的な収益を見込みやすい(様々な要望に応え、長く通ってもらえる)
4.地域とのつながり、子供たちの触れ合いでやりがいを持てる(自身の子供にも教えられる)

資料請求すると詳しい内容や実際に使用する教材などを見ることができます。オンライン説明会も行っているのでお気軽にお問い合わせください!


資料請求

関連記事

ページ先頭へ