• LINEで送る
カテゴリー

家庭で楽しむプログラミング①マインクラフトでプログラミングを学ぼう

みなさんこんにちは!子ども向けプログラミング教室”Tech for elementary”(以下、TFE)本部の澤部アイコです。

 

今日は子どもたちが大好きな、『Minecraft』(マインクラフト、以下マイクラ)で学ぶプログラミングをご紹介します。

 

ゲーム機ですでに夢中というお子さんや、プログラミングをはじめるきっかけを探している保護者の方に。マイクラ×プログラミングの魅力をお伝えします!

 

 

プログラミングを使ったマイクラは、ゲームのマイクラと違うの?

 

 

小学生くらいのお子さんがいれば、すでにニンテンドーDSやSwitch、あるいはタブレットでマイクラを楽しんでいるご家庭も多いと思います。

 

マイクラは砂場遊びや積み木に通じる感覚があり、子どもでもスムーズに理解しやすいゲームです。YouTubeでも、たくさんの人がモノづくりの工程を紹介しています。

 

世界中で人気のこのゲームに、プログラミングの要素を加えたものが「ComputerCraft」。Mod(モッド)と呼ばれる追加機能をインストールすることで、プログラミングを使ってマイクラを楽しめるようになりました。

 

さらにテキストプログラミングはまだ難しい子どもや、プログラミング初心者のために開発されたのが、今回ご紹介する教育版「ComputerCraftEdu」。

 

マイクラはもともと、問題解決能力や創造力、論理的思考力や協調性を育む要素が充実していることが評価され、世界各国の教育現場にも導入されてきました。単純に時間を消費してしまうだけのゲームより、魅力を感じますね。

 

マイクラが好きならぜひ、お子さんと一緒に「ComputerCraftEdu」もトライしてみてください。

 

今回は「マイクラははじめて」という方にも魅力をお伝えするため、長野県安曇野市でプログラミング教室を運営する小高直樹先生に、マイクラ「ComputerCraftEdu」のことをわかりやすく教えてもらいました!

 

 

家庭でマインクラフト「ComputerCraftEdu」をはじめるのは難しい?

 

 

小高先生の教室では現在、TFEが開発したプログラミング講座「マイクラでプログラミングコース」を開講しています。

 

このクラスでは、子どもたちはビジュアルプログラミングを取りいれたマイクラを、テキストとなる動画コンテンツに沿って学んでいます。一方すでにゲーム機での経験や、YouTubeなどの知識などから目標を見つけ、自由な課題に取り組んでいる子もいます。

 

澤部:マイクラの講座を導入しようと思った理由は何ですか?

 

小高:子どもたちによく知られていて、人気があるからですね。

プログラミングは「何をするのかよくわからない」と言われやすいのですが、マイクラならプログラミングをはじめるきっかけとしてスムーズなので、より多くの子どもたちに興味を持ってもらえるのではないかと思いました。

 

澤部:マイクラの講座では、何台のパソコンを使っていますか?

 

小高:5台です。マイクラはインストール自体無料ですが、1アカウントにつき3,000円の費用がかかります。パソコン1台につき1アカウントを取得してあるので、子どもたちは1人ずつ、自分の課題に取り組みつつ、色々なことにチャレンジしています。

 

澤部:インストールやアカウント取得などに慣れない方もいらっしゃると思うのですが、家庭で用意するのは難しいと思いますか?

 

小高:難しくないですよ。今は親子で楽しむためのガイドブックも出版されていますし、インストールやプレイを楽しむための情報をインターネット上で公開している人もたくさんいます。

それに従って進めれば、おうちでもアカウントを取得して楽しめます。

参考図書:親子で楽しく学ぶ! マインクラフトプログラミング (ぼうけんキッズ)

 

澤部:そのアカウントがあれば、SwitchやDSなど、ゲーム機でも同じように遊べますか?

 

小高:それはできません。SwitchやDSとパソコンでは必要なアカウントの種類が違います。そして、「ComputerCraftEdu」を使うためにはパソコン用のアカウント取得が必要になります。内容にも、スマホやゲーム機とは違いがあります。

パソコン版のマイクラにはお試し版があるので、ゲーム機やタブレットで遊んでいる場合は、まずはパソコン版のマイクラとの違いになじめるかは確認しておいた方がいいですね。

 

 

マインクラフト「ComputerCraftEdu」ではどんなことが身につく?

 

 

澤部:通常のマイクラは、建造物や自分だけの世界を構築するモノづくりや、様々な状況からサバイバルするといったゲームを通じて、楽しいだけでなく自然といろいろな能力を身につけられるところも評価されていました。

「ComputerCraftEdu」を使用したレッスンでは他にも、身につけられる能力があると感じますか?

 

小高:マイクラはもともと、与えられた課題をクリアしていくのではなく、自分がイメージしたものを作っていくことがメインのゲームです。

プログラミングを使わなくても、「何を作りたいか」を考える創造力、「どういった順序で何をするべきか」を考えるプログラミング的思考力や論理的思考力、「問題を解決するためにはどうすればよいか」を考える問題解決能力といった力を身につけることができます。

「ComputerCraftEdu」との違いは、簡単に言えば、プログラミングをするかしないかですね。

自分でプログラムを作ると、不具合があったときうまく動かないというエラーが起こります。通常盤のマイクラだとそういったエラーは起こらないんです。

エラーを起こしている場所は教えてくれるので、「ComputerCraftEdu」ではそこをどう解決するか試行錯誤して、正しく動くプログラムを作っていきます。

一番大きな違いは、プログラミングをする過程での試行錯誤があるかどうかです。

実際に動かしてみないとどう動くかわからないという状況があることで、通常版以上に創造力と論理的思考力は必要になると思います。

 

澤部:それなら通常版より「ComputerCraftEdu」でマイクラをやらせてみたいと思う保護者の方は多そうです。子どもたちはどちらを好きだと思いますか?

 

小高:ブロックのように、ひとつの作品が完成するまでをイメージして、そこへ向かう道すじを考えることを楽しめる子であれば、「ComputerCraftEdu」も好きだと思います。

 

実際教室に通っている子は7~8割が通常版の経験者ですが、マイクラの楽しさを体験しているなら「ComputerCratfEdu」は別物としてやってみる方が良いように思います。大人も一緒になって楽しんでみることで、子どもが興味を持つきっかけになると思います。

 

 

マインクラフト「ComputerCraftEdu」は、お金を払ってでも楽しむ価値がある?

 

 

澤部:TFEには通常版をパソコンにインストールしている加盟教室も多く、先生がたはよく「子どもはみんなマイクラが好き」と話しています。

人気のあるマイクラ、小高先生は「ComputerCraftEdu」ならさらに高い能力を身につけられると思いますか?

 

小高:通常版でも「ComputerCraftEdu」でも、マイクラを通して身につけられる能力は非常に魅力があり、これからを生きる子どもたちの役に立つものです。

ゲームのなかでも特にマイクラは子どもたちに人気があり、プログラミングを学ぶよいきっかけになるとは思います。けれどこれからの時代を生き抜く能力を身につける方法は、ひとつではありません。

親や周りの大人は、楽しめそうであれば声をかけてみる、といったくらいの気持ちでいてほしいと思います。

 

澤部:費用をかけて購入するものでもあり、そんな価値があるものなら前向きに楽しんでほしいと、親はつい考えてしまいそうです。

 

小高:子どもが興味を持つか持たないかを確かめたいのであれば、お試し版をインストールしてみてください。制限もありますが、おためし版で楽しめそうであれば、アカウントを購入すればいいと思います。

子どもは最初興味を示さなくても急に遊びはじめることや、友だちが遊んでいる様子を見ていてやる気を出すことがあります。

まなびのいえでは無理強いはしませんが、一緒にクエスト形式の課題に取り組むなど興味の幅は広げるようにしています。

Scratchやマイクラに限らず、さらにはプログラミングだけに限らず、子どもたちが自分の好きなことを見つけられるといいなと思っています。

 

おうちの方がパソコンやプログラミングを得意としていなくても、本を見ながら親子で一緒に学ぶ姿勢があれば、マイクラ「ComputerCraftEdu」は十分に楽しめると小高先生は言います。

 

マイクラの魅力は「楽しい」こと。ぜひ親子で気軽に遊んでみてください!

 

 

Text by 黒田 靜

 

 

関連記事

ページ先頭へ